フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

G-MAX関連

お友達

無料ブログはココログ

« LUIMOTO(ルイモト)シートスキン 張替完了 | トップページ | バッテリー交換 »

2017年10月 8日 (日)

YZF-R1 Fフォークオーバーホール

走行距離18500キロ、新車から約4年。
ダストシールにひび割れが目立ち始めたのでフロントフォークのオーバーホールしました。

Dsc_0023
まずは、フォークを抜く準備。

Dsc_0024
フェンダー、キャリパー、フォークに固定されている物、、諸々外していきます。
この時点でフォークのトップキャップを緩めておきます。

Dsc_0027
悪臭と共にどす黒い液体が出て来ました、、。。

Dsc_0028
良くみると、黒い粒状のカスが結構出ています。。。2万キロ近く引っ張るのは良くないですね、、、。

今回使うフォークオイルはAMSの#5番です。
硬さは、純正指定のM1と、その他倒立用の01の中間位の硬さです。
Dsc_0026

外したシールを元の順番で入れて行きます。
インナーに入れた後、アウターに刺した状態でいれようとすると苦労するので、、
アウターに、シール類を全て入れてしまった後、ラバーグリスを多めに塗ってからインナーをアウターに刺します。
専用工具がなくても指で入れられますし、漏れることもありません。

全て元通りに組んで、最弱の状態から、走りながらセッティングをしていきます。
初期加重でも良く動くようになるので、この粘度、良い選択だったかも知れません。

これで暫くは大丈夫でしょう。。。次は4万キロ手前あたりかな、、
Dlmocdvv4aa7kle


« LUIMOTO(ルイモト)シートスキン 張替完了 | トップページ | バッテリー交換 »

YZF-R1 2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577909/65890798

この記事へのトラックバック一覧です: YZF-R1 Fフォークオーバーホール:

« LUIMOTO(ルイモト)シートスキン 張替完了 | トップページ | バッテリー交換 »